スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

vs愛媛  首位に立つ!

愛媛戦から一日たった。
各方面で「首位」という言葉が賑やかに踊っている。
こういう台詞がよく聞かれるよね…今はシーズン半ば、まだまだ首位といっても今後どうなるかわからない、意識しないで…云々とかなんとか。
でもね、やっぱり首位って響きはぜ~んぜん違うよね。
ものすごく違う。
シーズン半ばとか意識しないとか関係無しにやっぱり今は首位の居心地に浸りたい。

だってね、仕事してても、ご飯食べてても、クルマ乗ってても、トイレ入ってても、どうにもこのワクワクした状況を思い出してしまうんだよ。
同じ思いで過ごしている人きっとたくさんいるはずだよね、きっと。

さて、明日からもまた頑張ろうっと。
01:24 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs鳥栖

昨夜は試合の興奮とその余韻でビールが美味かった。
あ、気がつけばビールの旨い季節になってたんだね。

「求む!美味しくビールを飲める機会!」

さて、昨日の試合。
後半途中までは、昨年までも何度も何度も経験した悪いときのモンテディオがオンパレードだった。
もちろん最後まで勝利を信じて応援は続けていても、まさかあの時間帯で逆転できるというイメージはなかなか見つけられなかった。
なぜならば怪我人も多く中心選手が離脱中。
なぜならば勝の退場で10人で戦っている。
なぜならば5連戦中の4戦目で疲労もピークに達している。
なぜならば匠のシュートがバーに当たるなど不運な展開。
なぜならば審判が試合の醍醐味を壊しまくっている…
そんな「なぜならば」がいくつも脳裏を駆けめぐるわけだ。
なぜならば昨年まではこうしたマイナスの期待どおりに事は進んでしまっていたから。

それがどうだ。
昨日の立役者である石川・豊田・横山がこれまでのモンテディオをいい意味で壊してくれた。
(この3人、揃ってレンタルというのがちと辛いが…)
しかもセットプレーからの逆転劇というのが頼もしい。
過酷なJ2リーグ、これからもこの試合のような展開は訪れるだろう。
特にこれから夏場、あるいは途中に天皇杯なども挟み熾烈を極める終盤になるにつれ、選手はさらなる疲労感に苛まれるだろう。
そういったときにセットで点が取れるといううのはもの凄い武器になる。
それにしても石川竜也のキックの精度の高さはプロだね~、カネの取れるプレーヤーだね。
FKもさることながら、サイドチェンジの時の正確さには何度も唸らされたよ。まさに職人芸だね、恐れ入りました。

と、そんなこんなで第一クールは2位通過と相成った。
やっぱりスタートダッシュって大きいよ。
第二クール以降のモチベーションが全然違ってくるもの。


昨日の観客数は5407人だった。
もっと行くかな(行ったかな)と期待していたが、でもメイン・北バックもしっかり人が入ってスタジアムの雰囲気は良かった。
こうした試合を勝利で飾れたのも嬉しかったし、連休中だからと見に来られた観客にもまた来たいと思わせる試合になったのでは。
その要因としてピッチ上以外にも選手によるアピールがあったことが挙げられる。
まずはトヨグバこと我らが豊田。彼はサポーターの心をガッチリと掴んだね。昨日何よりもスゴかったのは、同点弾を決めた後、メインスタンドの方に向かっていった。そしてメインのお客さんにじっくりと(そういう表現がピッタリだったな)ガッツポーズを決めてた。
逆転弾の横山もメイン方向に走り、そしてベンチに行ってコーチらと抱き合ったというのもドラマティックだったね。
そして最後にゴール裏サポーターとのお待ちかねブルイズ。
こちらがそろそろと始めたところでなんと匠が待ってくれのサイン。
ヒーローインタビューの最中の石川と横山を入れてやりたかったらしい。
待ってる間に匠コールしたら、匠も一緒に例の振り付けしてくれた。空気の読める奴だよね。
ようやくインタビューが終わり、満を持してブルイズ再開。
昨日は横山のカニダンスに始まり、匠、そして木藤が次々とダンスパフォーマンスを見せてくれた。楽しかった。一つのことを成し遂げ選手とサポーターが共に喜び合う至福の瞬間だった。
いつもは試合終了と共にゾロゾロと帰り始めるゴール裏以外のお客さんが昨日は割としっかり選手挨拶まで残ってた。

いま、チームは、最高です。


13:16 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs湘南

昨夜は飲み会で深夜帰宅後のスカパー!観戦。
前半の入りの時点で睡魔が襲ってきてやばいと感じたのもつかの間、
北村のゴールで先制すると、その後は目が冴えまくり画面に食いついてた。

結果は4-0で快勝。
しかも財前、木村に続いてレオまでもが怪我で出られない中、
初スタメンの鷲田、園田ともにそつなくこなし、
そして今季初出場の木藤が自身初ゴールと、
チャンスを貰った選手達がいきいきと躍動していた。
層が厚くなってるね。

この試合、選手皆に最高殊勲の称号を与えてやりたいが、
僕的には2得点の北村でも、芸術的FKの石川でも、
超人的ハードワークの臼井でもなく、
安定した守備で湘南の出足をシャットアウトし、
攻撃の起点をつくっていたた匠・勝のボランチコンビが、
目立たないがすごくいい仕事をしていたと思う。
というか選手が入れ替わってもこれだけ安定した試合運びができているのはこのコンビが巧く機能しているからじゃないのかな。
あ、あとは監督、滅法進化しちゃいましたね。
昨夜の采配は名監督の域でしたよ。

そして何よりも観てて本当に楽しい。
この楽しいという言葉にはいろいろな意味があるわけだが、
プロサッカーチームとして最も必要なことだと思う。
強い上に楽しいときたからには現在のモンテは最強だね。
スカパー!の解説者も超J2と誉め上げJ1でも充分通用すると言ってたが
サポのひいき目でなくともそう思うな。

これで6試合負け無しで第一クールの勝ち点も目標の20を超えてきた。
まだまだ過酷なJ2リーグは続いていくが、
昨夜のような試合を続けていけばきっと大丈夫だよ。
14:54 | モンテディオ山形 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

芋煮販売

仙台戦でのこと追加。

試合前サポーター有志による芋煮販売に勤しんだ。
販売品目も多かったし、そしてまぁあの雨だったし、
最初はどうなるんだろうって思ってたけど、
途中からどんどん人も集まり始め結果完売と相成りました。

にしても、売っていた自分でいうのも何だけど
あの内容で300円っていうのはハッキリ言ってお得。
芋煮は普通の山形芋煮(米沢牛入!)の他に
ロールキャベツ入りの洋風芋煮も登場したんだけど、
特にこちらなんぞは具だくさんで絶品でしたよ。

雨を凌ぎ食べられるようにとテント内に椅子を設置したのだけど、
ここで山形サポと仙台サポとが肩を並べて、
旨そうに芋煮を食べる姿に深い感慨を憶えてしまった。
07:50 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

仙台戦にまつわるいろいろなこと

一夜明けて今日はショッキングなニュースが舞い込んできた。

木村マコの怪我である。
何より全治6ヶ月ということが非常に残念だ。
でもまぁ下を向いてはいられない。
まだまだシーズンは続く。
こういうときこそ新しい力が出てきてくれることを願う。


というわけで昨夜のダービー第1ラウンド。
まぁすでに様々なメディアやサポーターズサイトで書かれているので、
試合展開についての詳細は割愛する
(というか、いつものことですが)けど、
一言であらわすと「楽しかった」に尽きるね。
もちろん勝てなかったのは悔しいけど、
でもとにかく楽しかったよ。
どこがどう楽しいかはスタジアムに来るとわかるんだ。

それはそうと昨夜の観客数は、「え~!!!」ってな感じの6604人也。
いや、絶対にもっと入ってるって。
集計方法の誤りでないかということもすでに報道されているが、
ここはしっかりと調査して、修正できるのならば修正してほしい。
その方が対外的なアピールもできるし、
選手の今後におけるモチベーションも違ってくるはず。

この観客数集計発表、なんか昨年度から若干少なめに出てるね。
昨年度のダービーでも感じたし、普段の試合でもあれって思う時があった。
おかげで一昨年JAの入場者当てクイズでニアピン賞を年間2度も獲得した僕(自慢)だが、
昨年度からはかすりもしなくなってしまったよ。

観客数ついでに例の半額チケットのこと。
試みはすごくいいと思ったのだが、ひとつおかしなことが。
知り合いから聞いた話では当日券売り場のシャッターが
半額チケに備えてかハーフタイム前に閉まってしまったらしい。
その結果前半も30分くらい経過した頃に会場に到着した方は
ハーフタイムまで会場に入ることが出来なくなってしまった。
とくに昨日は何度も何度も訪れるゴール!の歓声、
半額で無くとも入りたい人向けにも
チケ売り場は閉鎖すべきではないでしょ普通。

それと今年は一昨年に戻ってしまったが如く試合時の天候が悪いね。
この試合度毎の雨でどれだけの観客数を損しているんだろうか。
もちろん山形が雨ということは他会場の天気も芳しくない所が多いわけで、J2全体の今年度平均観客数は5,835人と前年度平均6,406人に比べ平均で約600人も減少しているのもこの天気と全く無関係ではないだろう。


最後に…

豊田の仙台サポに向かってのガッツポーズ…
君はスゴイよ!
サポーター側でのゴールシーンが待ちきれない。

23:33 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

入場者数に思う

【前回の記事の巻末に一度おまけのおまけとして書いたのだが、それににしてはあまりに主題からかけ離れてしまったので加筆別記事にしてアップ】

愛媛戦の入場者数は3421人。
初の非指定試合だったので個人的にかなり気になっていたが、結局現時点での後援会員数とほぼ同数の人数となった。この数字をどうみるか…いわば雨が降ろうが槍が降ろうが必ず応援に駆けつけるとする人達以外を取り込んではいないんだね残念ながら。

あ、ついでながらだけど、指定試合もいくつか消化していくと、今後の後援会員数の伸びはほぼ期待できなくなる。これは指定試合というシステム上仕方がないのだが、ならばチケット以外の特典を新たに付けるだとか会費を割引するとかして、新規会員を増やすための手だてを早めに考えていかなければならないだろうと思う。指定試合制にすることで当初から会員数が減るだろうという見込みだったとしても、昨年よりも1000件も減少するというのは今後に向けてもさすがにマズイと思うんだけど…ね。
00:01 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ホーム初勝利

野暮用が重なりあわやキックオフに間に合わないのではと焦ったが、どうにか間に合った日曜の昼下がり。

ここ2試合の悪夢から解き放たれるためにも、そして早くも第一クール折り返しに差し掛かったもののいまだに味わっていないホーム初勝利を今日こそは味わいたいという願い。

試合開始直後から雲行きが怪しくなった。
といっても試合ではなく本当の雲行きが。
雨だけではなく風も吹いてきたのに加え気温も急激に下がってかなり寒かった。

後半は日も照ってきて雨の心配は無くなり、呼応するかの如くゲームの展開も良くなった。
そして、非常にいい時間帯で生まれた勝のゴール。

その後返されて同点になるも、今期初登場の勇人が入り期待感がスタジアムを包む。そしてその勇人を起点に生まれた匠のゴール。
水戸での開幕戦を彷彿させるようなゴール裏への猛ダッシュ。
続くカニ横山の移籍後初ゴールのダメ押し弾で嬉しいホーム初勝利をものにした。

終わってみれば3対1というスコアもさることながら山形のシュート数17に対し相手愛媛はたったの3本と数字の上では圧勝していたが、そんなに開きがあったかな?という印象。

ここから中二日ですぐにやってくる次節、そして来週の大阪までの3連戦が、第一クールを上位で終えるために非常に大事なゲームになってくるだろう。

まずは今日の勝利を素直に喜びたい。



…おまけ

前2試合が審判に泣かされた部分もあったが、今日の主審の廣瀬さんはとっても良かった。
いいゲームをつくるジャッジメントだったなと。
22:25 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

あと一週間

昨日行われた柏レイソルとのTGは4-1で勝って、ともあれ開幕戦にいい感じで向かって行けそうだね。内容の方も期待の豊田が2得点、守備も安定していたようだしいい感じだったみたい。

さて開幕戦はバスツアーで行くことが正式に決定。
結局山形からの公式ツアーバスは二桁の10台になったらしい。
加えてジャンボタクシーや個人チャーターのマイクロバスなんかも相当出ると聞いている。もちろん自家用車組も大勢いるだろう。
いったいどれだけのサポーターが集結するんろう。

すごく楽しみだ。


10:48 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

あなただけに贈るキックオフセレモニー

タイトルが良かったのか、案内方法が良かったのか、日曜開催が良かったのか、来場特典が良かったのか、いや、そういった様々な要素の相乗効果だろうね。昨年テルサホールですら満員にならなかったキックオフセレモニーが、今年は県民会館を満員にした。

そして内容や満足度もこれまでこの種のセレモニーの中では個人的には最も良かったと思う。確かにサイン会などは無かったが、選手による見送り(!)という試みは全選手に間近で声をかけることができたし、さらにハイタッチ(僕は握手した)もできたので、逆にヘンに間延びしなくてかえって良かったよ。
何よりスピーチがどれも聞き応えのあるものばかりで楽しかった。あ、この楽しいっていうのがミソ。特にミヤ主将のスピーチは最高に楽しかったね。そして何よりでん六の鈴木社長のスピーチが秀逸だった。鈴木社長とは時折顔を合わせることがあって、親しくさせて貰っているのだが、変に飾らない方なのでホントに話しやすいんだよね。

その鈴木社長が仰られた「モンテディオを応援することは山形の今日を明るくすること 明日でなくて今日をだ だから我々はサポートするんだ」(正確では無いかも知れないがそういうニュアンス)は心にグッときたし、最後に拳を振り上げて朗々と叫ばれた「目指せ観客動員2万人!」「広告収入リーグ最下位脱出!」では会場全体割れんばかりの拍手に包まれた。
やっぱり豆はでん六だね♪

さぁまもなくシーズン開幕だ! 元気出てきた!
23:27 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

バスツアー

開幕戦の水戸行きのバスツアーが昨年よりさらに増えて9台になった。
しかも3台120名もの人数を募集されてたNツアーが早くも募集終了だそうな。
今年はバスツアーで行こうと決めていたのだが、まだ当日のはっきりした予定が立たないでいたうちにこれだ。
出遅れた気分だなぁ。

それにしてもみんな今年は例年にも増して開幕に向けての気持ちが入ってるね。

05:16 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ちょっと複雑

こんなニュースが入ってきた。
「U-22日本代表の反町康治監督は28日、「(北京五輪)予選が始まると選手を長い期間は呼べなくなるので、ここでたくさん呼ぶという考えもある」と話し、2月18日からスタートする熊本合宿での大量招集を示唆した。招集人数は未定だが、30人程度になる可能性もある模様。」

そういえば豊田は今年の目標に北京ということをあげていたなぁ。

代表招集といえば、一昨年の高木の例があるが、彼の場合ほとんどスタメンで試合に出ていなかったから頑張ってこいよと楽に送ってあげられたが、豊田の場合はそうはいかなさそうだ。
だって、今年のうちのエース候補だしね。
しかも大事なシーズン前に招集されたら連携面で不安を抱えたまま開幕ということになるよ。
あ、代表に選手取られる(かも)っていうのはこういう心境になるんだね。

でも、うちの選手が代表として活躍する姿も観てみたいしなぁ…
21:37 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

練習スケジュール

うわっ、今年はトレーニングゲームが多いな。

昨年みたいに開幕につまずかないように実戦経験を積むということらしい。キャンプで疲労がたまっている時に、練習試合とはいえ毎日ゲームをやるとなると、やっぱり怪我を心配してしまう。

怪我を防ぐ手段で大事なことは集中力を切らさないことがあげられる。
練習中には決して気のゆるみがないように、そしてそうした危険な状況を遠ざけるための環境作りには、選手はもとより監督はじめスタッフの方々にはぜひ配意してほしい
…と老婆心ながら。
13:30 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ゲームスケジュール

昨日からいよいよ清水キャンプに入った新生モンテディオ。
この数日間もたくさんの知らせが入ってきたが、その中でも個人的に最も関心が高かったゲームスケジュールの全貌がいよいよ発表された。

これは既にネット上なんかでも各人が様々に論じられているが、
特徴的なのは日曜開催が圧倒的に増えたことであろう。
さてこれが観客動員に吉と出るか凶と出るか。
以前から山形では土曜仕事のところが多いから日曜開催にして欲しいとの声がよく挙がっていたが果たしてどうなのだろうか。
ナイター試合であればやっぱり土曜日の方が行きやすいし、そして何より、観客動員はアウェーチームの力も借りなければならない。日曜開催だと遠方から来るアウェーサポーターの人数は確実に減りそうだし…どうだろう。

自分もこのスケジュールを早速携帯に全部入力してみた。
既に入っている予定とかぶる試合が多いのなんの。
って特に今年はスケジュールの埋まりが早いなぁ…
06:50 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

始動

前回の更新からの約2週間、モンテディオを取り巻く状況としてはもう大変なリリースラッシュだったけど、それは僕個人の場合も同様でいろいろとまぁ忙しかったから…(と更新しなかった言い訳)

■まずは新加入選手から。
いやぁ、石川竜也がうちに来る時代になったんだね~。
というか、彼が加入するというサプライズがあったことで、今年に対する期待も俄然ヒートアップしてきた。やれそうだという思いが一気に強くなった。彼には、プレーはもちろんメンタル面でも相当に期待してるよ。

■健二・太田の処遇が決定した。
特に健二のフロント入りはまさに将来のGMに向けての布石になりそうな人事だね。チームと協会を繋ぐパイプとして活躍してくれることを願ってやまない。そして、何よりその知名度を最大に活用して、広くモンテディオのPRに努めてほしいね。

■お約束?の新ユニが発表された。背中の白色が無くなった以外はスポンサーを含めそんなに劇的な変更は無いがそれでいいと思う。なぜならばこのユニはJで最もカッコイイから。…とまぁ、どこのサポもそう思ってるんだろうけどね。

■今年のクラブスローガンが再創生(リスタート)に決定した。
土台の揺るがない山形を築く再創生(リスタート)の時という意味だそうだ。
年末から今年にかけて理事長自らが様々な場面で仰っておられるコメントをひとことで言い表す言葉だが、このスローガンはモンテディオに関わるすべての人の思いやそれに伴う行動が合致しないと履行できないだろう。その意味でも今年はどんな場面でも常にこのスローガンを忘れずに行きたいものである。

■ついに永井までいなくなってしまった。
予想されていたとはいえ、最終的には残ってくれるかもと思っていただけに正直キツイ。健二・太田・ウッチーに永井も居なくなってモンテディオじゃなくなってしまったような感じだ。
再創生(リスタート)しなきゃ…

■でも臼井は残ってくれた。
最初にこのことを某所で聞いたときは、本当に嬉しかった。永井とは逆にたぶんダメだろうと思っていただけに正直いって驚いた。フロントも全身全霊で引き留めに尽力されたと思う。彼がいるのといないのでは戦力面でかなり違ってくるからね。
臼井ありがとう。

■そしてチームの練習も始動した。
今年は稀に見る小雪で初日からボールを使った練習が出来ている。例年スタートダッシュを苦手としているモンテディオであるが、この天候が好影響を与えてくれることを祈るばかり。


開幕が待ち遠しいな…
04:19 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

悲喜こもごも

昨日5日はウッチーこと内山俊彦選手の神戸完全移籍のニュースに驚いた。
正直まさかという思いだったが、J1でやれるということはウッチー本人の今後のためには当然の選択だろうし、ビッグチャンスだろう。彼のようなプレースタイルの選手がJ1の舞台でどう戦うのか個人的にはすごく興味があるな。
いずれまた山形のために何らかのカタチで戻ってきてくれるだろう(願望)から、その時まで一回りも二回りも大きくなってほしい。
と、本来悲しいはずのニュース、いやもちろん残念ではあるが、なんか今年は感覚が麻痺してきているのだろうか、自分でも随分とオトナな感想だ。
でももうここいらで放出は打ち止めにしてくれないかな…


また一人モンテの歴史を彩ってくれた選手がいなくなってしまった…


切り替えて、
王者浦和レッズからレンタルで横山拓也選手が加入することになった。
この選手、昨年はリーグ戦出場も無く、正直まったく印象に無いのだが、方々調べてみるとかなりの強運の持ち主であるようだ。まぁ大成するには運も必要だし、また運も実力のうちともいうし、なんとかレギュラー掴んで昇格への切り札となってほしい。
ちなみに彼はニックネームがカニといわれてたそうだ。カニというとモンテサポにとっては決していい響きのネーミングではないが(笑)
で、ゴールを決めるとカニダンスをするらしい。うん、見てみたい。
17:09 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

新戦力続々加入

名古屋の豊田陽平選手、そして横浜FCから北村知隆選手と二人のFWが加入した。
この時期は毎日携帯にメルマガが届くたびにドキドキしてしまうが、新加入のお知らせだけは本当に嬉しい。もう誰が来ても(と言っては失礼だが)嬉しいね~

さて、それより今日驚いたのは、オフィシャルのクリスマス画像。
なんとディーオがサンタルックに扮しているよ~!!!
いつも二体が正面向いてる例の画像しか知らなかったから新鮮!
(初めてじゃない?違う?)
表情もカワイイしなんかちょっと愛着がわいてくるね。
17:51 | モンテディオ山形 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

海保理事長とお会いして

本日ひょんなことからお会いする機会があって、さらに長時間にわたって、今後のモンテディオのことについてディスカッションしてきた。
理事長は自身の揺るぎない信念を携えておられ、物事の真意を瞬時のうちに捉えられる方だと。

そして、なんというタイミングか、実は本日(12月21日)は理事長の○○回目のBirthdayであった。
「おめでとうございます」と言ったら、「もうおめでたい年でもないよ」と。
さらにすかさず、「これ見てよ」と、いくつかの葉書を見せてくれた。
理事長曰く「ほら、よく来るでしょ?誕生日前になると、割引券やらがついた会員様向けのメッセージカードが。 例えばモンテの後援会員の方が誕生日を迎える時はこうやって特典付きのメッセージカードをおくるとかね。 こういうサービスをどんどん打ち出したい。」
素晴らしい(^^)//""""""パチパチ
00:16 | モンテディオ山形 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

平野勝哉氏 強化育成部アドバイザー に就任

どんな方かとあちらこちら徘徊してみたが、なんともスゴイ方のようで。
スカウトとしての実績はもちろんのこと、なんといっても驚いたのはコレ。

「地域に密着した新しいスポーツ文化の創造について考える会」の開催について

なんとモンテディオが法人化を前に苦戦している時期に開催されたシンポジウムにて、基調講演の講師及びパネラーとして来県されているではないか!
もちろん今回の就任は、海保さん繋がりだったことは容易に想像できるが、モンテディオとはこうした縁もあったんだね。
当日どんなディスカッションが行われたのかはわからないが、「アントラーズを創った男」はもしかしたら「モンテディオを創るきっかけとなった男」であったかもしれないんだね。

他にもいくつかのサイトを読んでみての感想、
理事長の腹心として選手発掘以外の役割も担っていただきたくなるなぁ…
っていうか実はそうかもしれない(^_-)

02:18 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

光の射す方へ

本日16時32分のこと、レアンドロのレンタル期間満了の知らせが届いた瞬間、
力が抜けていくようだった。
噂や報道では山形に残る可能性が薄いとされていたが、
自分は往生際が悪いのでそれでもずっと期待していたんだよね。

気持ちが一気にマイナスの彼方へ飛んでいった。

で、帰宅後、他にもオフィシャルでいくつかニュースがあったのを発見。
その中で特に興味深かったのは、来期のホームゲーム入場料の値上げについての海保理事長名での記事である。
おそらく理事長、この記事を今日このタイミングに入れてきたのはきっと訳があるんだろう(と思いたい)。
この人は本当にすごいよね、気持ちがプラスの方へ一気に押し戻った。

嘆いてばかりはいられない。
新しいモンテディオをつくるため、進もう、光の射す方へ!
00:17 | モンテディオ山形 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

清水完全移籍!

ここ最近ネガティブな話題ばかりだったが、昨日は久々に嬉しいニュースが飛び込んできた。

シミケンありがと!

というわけで今日から3日間大阪に出張だ。
どうやらJリーグの合同トライアウトが今日大阪であるんだね。
いや、仕事で行くのでそんなこと気に…なるんだよな、なんとなく。
07:39 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。