スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

VS東京ヴェルディ

昨夜の試合は、勝ったとか負けたとか試合内容がどうだったとか、そうした言葉で言い表せない何とも微妙なゲームだった。いや、というかあんな状況に陥りながら最後まで懸命に闘った選手の頑張りには本当に感動した。

さて、まずは退場者二人を出した例のジャッジメントについてだが、ブログやBBSなどで既にいろいろな方々が語ってくれてるし、協会でも本件について検証のうえ対応する旨声明を発表されているわけだが、僕的に違う角度からもひとつ。あの審判はプロサッカーの試合ということの本質的な意味をきちんと理解しているのだろうか。
観客は金を払ってゲームを観に来ているんだ。もちろんその多くの人は自チームの勝利を味わいたくて来ているが、それだけではない、純粋にゲームの醍醐味を楽しみに観に来られている方だって大勢いるし、将来を目指す子供達もプロのプレーを観ることから学ぶことだって多いはずだ。
とりわけ昨夜はキャンペーンチラシを見てちょっと行ってみようと思ったり、イベントや試合前に行われた子供達のチャレンジマッチ目当てで来られた方などもいるかもしれない。
そういった方々にもプロサッカーゲームの素晴らしさというものを堪能して貰うという義務が、試合に関わるすべてのスタッフにあるのではないか。
その中にあって試合をコーディネートする役目としての審判の責務は大きいと思う。彼には猛省を促したい。

話は変わるが、試合を壊したその審判に対し、たまらず八百長コールを発した我々モンテサポ。
聞くところによればメインやバックでも同調していたようである。気持ちはわかる。でも、僕は同意できなかった。
なぜならば、これを八百長のひと言で片づけたならば、試合後立てなくなるほど走り抜いたモンテディオの選手に申し訳ないと思ったから。
さらには八百長という言葉の本来の意味は双方のチームが関わって成立するものだから。審判に対して下手くそとか叫んだり、ブーイングしたりするのとは意味が違うと思う。

最後に個人的に嬉しい(かもしれない)話題…入場者数当てクイズ、もしかしたらニアピン賞かも。ちょっとドキドキ…
スポンサーサイト
15:23 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
「モンテ達磨」ゲット! | top | シンポジウム

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://montedio.blog44.fc2.com/tb.php/104-d5070c6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。