スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

豊田陽平U-22代表候補選出

U-22代表候補というよりは北京五輪代表候補と言った方がいいだろう、6月6日のマレーシア戦に向けての合宿に我らが陽平が選出された。
いやぁ、これはビッグなニュースだよね。
いろんな意味で喜ばしい知らせだよ。
もし最終18人に残ればおそらく2試合くらいはモンテの試合からは外れてしまうわけだが、クラブのこれからのことを考えればどうってことない。しっかりメンバーに入り、そしてスタメンに入り、ついでにゴールを奪ってきて欲しい。



スポンサーサイト
18:18 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ミスチル

昨夜はMr.Childrenのライブ、宮城・グランディ21に行ってきた。
ミスチルのライブは毎回行ってるが、特に今回は、歌詞、いわゆる言葉というのもをすごく大事に歌ってた。慈しみながらという感じかな。
それと今回はツアーメンバーにプロデューサーの小林武史さんが入っていたこともあって、オリジナルのレコーディングメンバーがライブで表現したかったことを具現化できたような印象。
…あ、どんどん書いちゃいそうだが、これ以上はネタバレになりそうだからヤメよう(笑)

夏にも今度は野外ツアーがあるのだが、こちらは日程的に行けなさそうで残念…



11:20 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

植木市

昨夜は山形市の春の風物詩、植木市に行ってきた。
どこにそんなに人がいたのってくらいにスゴイ人の波だね相変わらず。
で、じっくりと露店を見て回った。
その時代の傾向ってのがあってなかなか興味深いものである。
同じ飲食物を売る店舗でも行列の出来る店とそうでない店ってはっきりと分かれてるんだね。
みんな毎年来ててちゃんとチェックでもしてるんだろうか。

そういえば、ジャンケンして勝ったらもう一本貰えるチョコバナナ屋ってあるんだけど、あたしゃ実はあれ確実に勝利をおさめます。
コツってものがあるんだよ。
08:25 | 日々の戯言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs愛媛  首位に立つ!

愛媛戦から一日たった。
各方面で「首位」という言葉が賑やかに踊っている。
こういう台詞がよく聞かれるよね…今はシーズン半ば、まだまだ首位といっても今後どうなるかわからない、意識しないで…云々とかなんとか。
でもね、やっぱり首位って響きはぜ~んぜん違うよね。
ものすごく違う。
シーズン半ばとか意識しないとか関係無しにやっぱり今は首位の居心地に浸りたい。

だってね、仕事してても、ご飯食べてても、クルマ乗ってても、トイレ入ってても、どうにもこのワクワクした状況を思い出してしまうんだよ。
同じ思いで過ごしている人きっとたくさんいるはずだよね、きっと。

さて、明日からもまた頑張ろうっと。
01:24 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs鳥栖

昨夜は試合の興奮とその余韻でビールが美味かった。
あ、気がつけばビールの旨い季節になってたんだね。

「求む!美味しくビールを飲める機会!」

さて、昨日の試合。
後半途中までは、昨年までも何度も何度も経験した悪いときのモンテディオがオンパレードだった。
もちろん最後まで勝利を信じて応援は続けていても、まさかあの時間帯で逆転できるというイメージはなかなか見つけられなかった。
なぜならば怪我人も多く中心選手が離脱中。
なぜならば勝の退場で10人で戦っている。
なぜならば5連戦中の4戦目で疲労もピークに達している。
なぜならば匠のシュートがバーに当たるなど不運な展開。
なぜならば審判が試合の醍醐味を壊しまくっている…
そんな「なぜならば」がいくつも脳裏を駆けめぐるわけだ。
なぜならば昨年まではこうしたマイナスの期待どおりに事は進んでしまっていたから。

それがどうだ。
昨日の立役者である石川・豊田・横山がこれまでのモンテディオをいい意味で壊してくれた。
(この3人、揃ってレンタルというのがちと辛いが…)
しかもセットプレーからの逆転劇というのが頼もしい。
過酷なJ2リーグ、これからもこの試合のような展開は訪れるだろう。
特にこれから夏場、あるいは途中に天皇杯なども挟み熾烈を極める終盤になるにつれ、選手はさらなる疲労感に苛まれるだろう。
そういったときにセットで点が取れるといううのはもの凄い武器になる。
それにしても石川竜也のキックの精度の高さはプロだね~、カネの取れるプレーヤーだね。
FKもさることながら、サイドチェンジの時の正確さには何度も唸らされたよ。まさに職人芸だね、恐れ入りました。

と、そんなこんなで第一クールは2位通過と相成った。
やっぱりスタートダッシュって大きいよ。
第二クール以降のモチベーションが全然違ってくるもの。


昨日の観客数は5407人だった。
もっと行くかな(行ったかな)と期待していたが、でもメイン・北バックもしっかり人が入ってスタジアムの雰囲気は良かった。
こうした試合を勝利で飾れたのも嬉しかったし、連休中だからと見に来られた観客にもまた来たいと思わせる試合になったのでは。
その要因としてピッチ上以外にも選手によるアピールがあったことが挙げられる。
まずはトヨグバこと我らが豊田。彼はサポーターの心をガッチリと掴んだね。昨日何よりもスゴかったのは、同点弾を決めた後、メインスタンドの方に向かっていった。そしてメインのお客さんにじっくりと(そういう表現がピッタリだったな)ガッツポーズを決めてた。
逆転弾の横山もメイン方向に走り、そしてベンチに行ってコーチらと抱き合ったというのもドラマティックだったね。
そして最後にゴール裏サポーターとのお待ちかねブルイズ。
こちらがそろそろと始めたところでなんと匠が待ってくれのサイン。
ヒーローインタビューの最中の石川と横山を入れてやりたかったらしい。
待ってる間に匠コールしたら、匠も一緒に例の振り付けしてくれた。空気の読める奴だよね。
ようやくインタビューが終わり、満を持してブルイズ再開。
昨日は横山のカニダンスに始まり、匠、そして木藤が次々とダンスパフォーマンスを見せてくれた。楽しかった。一つのことを成し遂げ選手とサポーターが共に喜び合う至福の瞬間だった。
いつもは試合終了と共にゾロゾロと帰り始めるゴール裏以外のお客さんが昨日は割としっかり選手挨拶まで残ってた。

いま、チームは、最高です。


13:16 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。