スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

vs仙台

■今年最後のダービーは、残念ながら所用でスタジアムに行けなかった。
なのでスカパーでの録画観戦となったわけだが、決定機をはずしまくったことはともかくとして、選手のパフォーマンスは最高だったと思う。
こういう試合を生で観戦できなかったのが相当に悔しい。

■それにしてもスカパー、集音マイク位置の関係もあるのだろうが、モンテサポの声の方が良く聞こえていたなぁ。

■急造ボランチコンビの秋葉と臼井、なかなか良かったね。
次節からは匠と永井が復帰してくるのでまた戻ってしまうかわかならいが、しばらくはこのコンビで行って熟成させてほしいと願う。

■さて今日はグルージャ盛岡とのトレーニングゲーム。
相手はバスツアーを組んできるらしく、しかもそのツアー名がなんと「J2学習バスツアー」だそうな。
たかが練習試合でサテ中心だろうが、しかもすでに昇格争いから脱落していようが、10試合も勝ちに見放されていようが、それでもモンテの試合があるとなると黙ってなんかいられない。
いざ第3運動広場へ…
スポンサーサイト
12:17 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

日本シリーズ

もしかすると第7戦にもつれ込めば今頃はまだシリーズが終わってなかったんだよね。日本シリーズが終わってまだ3日なのにもうしばらく前の出来事のようだ。

ドラゴンズ、またしても「日本一」になれず。

ドラゴンズファンになって以後、自分がこれまで体験してきた日本シリーズは6度、そしてまだその「日本一」は味わっていない。
日本シリーズになると異様に興味を示す輩もいるが、僕は正直シリーズにはさほど思い入れがない。やっぱりペナントレースの方が面白い。
でも、そのペナントレーズを制したチームも日本シリーズに負けるとそれまでの栄光が一瞬のうちに消え去ってしまうような、報道のされ方も含めて侘びしい佇まいになってしまう。
勝負の世界とはいえ選手たちが可哀相だと思う。
しかも来年からはセリーグもプレーオフ制を導入し、最も強かったチームが日本一になるとは限らなくなってしまう。
そういう意味では今年は絶対にシリーズに勝ちたかったのにな…


11:45 | ドラゴンズ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs札幌

札幌との第4ラウンドはドローに終わり、結局今期ひとつも勝つことが出来なかった。昨年まではお客さんだったのだが…

それにしても今期を象徴するような試合展開だった。
疑惑の判定…というよりミスジャッジを受けての失点、そしてロスタイムでの得点(なんと今期5点目)と「またかよ」な内容。


と、そんな煮え切らない試合のコメントは早々に切り上げ、先週食べたランチの画像でも。
今月は外回りが多いのでいろんな店に行くことができて嬉しい。

これはマグロ丼。時間が無くてなにげに入った店だったが、結構旨かった。
蟹の味噌汁と菊のおひたしがついて800円也。
マグロ丼2


マグロ丼


そしてこちらは有名な米沢の山大前やまとやの中華。
チャーシューが4枚も入って550円(写真は大盛り650円)。
うまく時間調整して行ったのでゆっくり食べることが出来た。
クセになる味。
やまとやの中華

09:39 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

祝優勝!中日ドラゴンズ

ようやく決めたね、最強ドラゴンズ。
あんなに早くマジックが点灯したのにタイガースの奇跡的な粘りで一時はどうなることかと思ったよ。

今日は最初帰宅途中のラジオで、自宅に戻ってからはテレビで観ていたが、もうとにかく大変な試合だった。
こういう試合をあんなカタチでものにしたってところが正に今年の強いドラゴンズを象徴してた。

でもとにかく今年のドラゴンズは本当に強かった。
応援し始めて30年になるがこんなに強いチームになるとはね。オーナーが試合後言ってたが、優勝なんて10年に一度って感じだったけど落合監督になってから優勝、2位、優勝と、やっぱり力量はたいしたものだと。本当にそうだと思う。ややもすると落合博満っていう人間は自分勝手だとかわがままだとかと勘違いされているが、これほど選手のことを思い、かつ野球に対し真摯に向かう姿勢は球界でもそうはいないだろう。

そしてこれほど人間味に溢れてるとは…
あの号泣する姿が物語っていたね。

その昔強かった読売のV9時代や阪急、西武の黄金時代の強さを体験していた頃はそれらのチームのファンっていつもいい思いができていいなぁってよく思ってたが、今のドラゴンズはそれら常勝チームになりえそうな気がする。
そのためにもまずはシリーズに勝つ!


頑張ってくれた選手たちに対してコメントを…

川上…エースだね、正真正銘のエース。揺るぎない信頼こそがエースの証。彼の気迫が12球団随一の投手陣を引っ張っていってた。

岩瀬…彼はもしかしたらプロ野球史上最高の投手なのではないだろうか。現代野球において入団以来8年連続50試合以上登板でしかもその間ほとんど「打たれていない」のだ。言い過ぎではない、こんな投手はいないと思う。

山本昌…41歳のノーヒッター昌の今年の活躍は長年のファン達を唸らせた。終盤の大事な試合になるにつれて調子も上がっていったところがベテランの味だね。

朝倉…健太もようやく一人前、いや一人前以上の投手として開花した年だった。本当に安心して観ていられる投手になったよ。

谷繁…彼のおかげで最強投手陣が成り立っているのは紛れもない。打つ方でも彼のようなバッターが8番に座っていると妙に安心するんだよね。

荒木…数年前まではまさかこれほどの選手になろうとは正直思わなかった。他チームを脅威に陥れた1・2番は味方にとってこれほど頼りになる1・2番もいない。

井端…彼の凄さは何と言っても好走守いずれにおいても我々をとびきり安心させてくれる底知れぬ野球センスだろう。最高だ。

福留…今年の成績3割5分、30本、100打点(本日時点)は、どれをとっても凄まじい数字であるが、何よりスゴイのはここぞというところで打ってくれること。特にオールスター明けの大事な試合で4試合(だったかな)連続お立ち台っていうのがあったが、これこそ優勝に向けてのターニングポイントになったと思う。ホントに今年はWBCの活躍から始まってここまでずっとお疲れ様。

ウッズ…もう何も言うことはない。終盤の尋常でない爆発力はスゴイとかというひと言では言い表せないね。こういう選手が4番にいるって事は特にシリーズのような短期決戦では非常に有利だと思う。

英智…ドラゴンズ野球の申し子。代走や守備固めでのスーパーサブから今年はほぼレギュラーの座を勝ち取ったという事実が、スキもなくソツもないドラゴンズを完成させたのであろう。

立浪…個人的にはどうしてもっと使ってくれないのだろうと思っていたが、一番辛かったのは本人だろう。ただ、彼の存在感は有形無形の力となっていたのだろう。彼に優勝を味あわせてあげたいと選手そしてファンが一丸となった象徴である。

まだまだ…カバちゃんこと佐藤充、森野、アレックス、中田、岡本、平井、井上、久本、渡辺、川相、マルティネス…み~んな頑張った!


テレビではビールかけの様子が映し出されている。
コンヤハネムレナクナリソウ。


01:30 | ドラゴンズ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

天皇杯3回戦 vs三菱水島

エンペラーズカップ3回戦は三菱自動車水島FCにレアンのハットトリックなどで6-2で勝利。

先日の横浜FC戦の北バックに続いて、今日はメインで観戦。公式戦ではいつ以来だろう… やはりメインスタンドは北バックとは観やすさが違うね。監督の指示もガンガン聞こえるし、交代選手が準備し始める瞬間もわかるので、そういう楽しみ方を求める向きには結構楽しい。

ただ、相変わらず心ないヤジには閉口したな。メインでもこうなんだってビックリした。僕が座った席がたまたまそういう連中がいた位置だったのかもしれないけど、いいプレーに対して褒めたり拍手したりってのがないんだよね。ヤジるためだけに試合を観てる印象。
監督や選手の声があれほど聞こえるってことは向こうにも聞こえてるよなぁって思いながら、自分はやたらと選手を褒めまくってみた。

さて4回戦はいよいよJ1クラブとぶつかる。残念ながら会場はベスパではないが、昨年一昨年は天皇杯に向けてのモチベーションは上がらなかった(いい意味で)だけに、今年はどこまで勝ち進めるか期待してみよう。

11:13 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ショッキングな出来事

やられちゃったよ…

買ってまだ半年の愛車のドア2枚に、
なんとキーかコインでやったと思われる引っ掻き傷が~!
しかもどちらのドアも20センチくらいにも渡っているよ。

   もうショックで寝込みそう。

犯人見つけるなんて事は不可能だよなぁ。
っていうか犯人云々より、傷ついたクルマが可哀相でならないよ。
 
   勘弁してくれよって感じ。
02:15 | 日々の戯言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。