スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

理事長の囲み取材より

RushWebにて横浜FC戦後の海保理事長の囲み取材がアップされていた。ついさきほどの事なのに、さすがRushである。

監督の進退から、来期の体制について等様々な部分に真摯かつ明瞭に答えてくれている理事長。

レアンドロ引き留めについても言及。
理事長曰く、「お金以外のところで対策を取っている」「頑張ります」とのこと。
恐らくほとんどのサポーターの来期に向けての心配事(笑)がこれだと思えるので、頑張っているという姿勢が感じられたことは非常に嬉しい。
でもまぁあとはお金か…
スポンサーサイト
20:00 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs横浜FC

仙台戦に勝利してから5試合も勝ちに見放され、この時期に来て早くも辛いシーズンになってしまった。

今日はショックな出来事があったり、またチームに対してもいろいろと思うところもあって、今期初めて北バックで試合を観戦した。

なんか懐かしい…

横浜は少ないながらも腹の底からしっかりと声が出てる。いや、普段は他のチームの応援なんて聞こえないからわからないが、でもこれまでよりも格段にパワーアップしているのは確かだろう。この成績だしね。

試合は、正直前半終わったところで帰りたくなった。こんな気持ち初めてだよ。試合そのものもそうだが、北バック効果なのかな、周りの野次もネガティブ過ぎて…

レアンドロはやっぱりカネの取れるプレーヤーだね。彼が入ったことで俄然試合が面白くなった。前半とはワクワク感も全然違う。
しかしながら前半失った3点はあまりに大きかった。
それにしても横浜の選手は試合運びがとにかくしたたか。

結局試合は2-3で敗戦、これで昇格は絶望になった。
早いね、まだ9月だよ、まだ。
昨年まで2年続けて昇格争いしてたから、今期これから先の過ごし方が見えないよ。
19:41 | モンテディオ山形 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

vs 湘南

昨夜はそんなわけでベスパには行けなかったので、深夜帰宅してからスカパーで酔いどれの中眠い目をこすりながら…
前半はそれでもいいサッカーをしていたし、リードしていたこともあって画面に食いついていたが、後半は、さすがに睡魔が…いや、同点に追いつかれてなおも攻めきれないサッカーが眠気を助長したのか途中で寝てしまった。
…ふと目を覚ましたら試合はそのまま同点で終了。

最終クールの緒戦を勝利でスタートすることは出来ず、これで昇格圏への勝ち点差が20となってしまった。
悔しいけどこれが現実。
でもモンテサポは往生際が悪いからまだ諦めていない。
可能性がある限り諦められないんだ。
目の前の試合をひとつひとつ…
21:09 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

結婚祝賀パーティー

昨日は職場の同僚の結婚祝賀パーティーに出席した。
彼は僕の1歳下で、これまで何度か一緒の職場にもなり、
この4月には仕事を引き継ぎしたという縁もあり感慨深かったな。

本当におめでとう。
末永くお幸せに!

20:59 | 日々の戯言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

山本昌投手 ノーヒットノーラン達成!

プロ野球中日ドラゴンズ山本昌投手が、今日の阪神タイガース戦でなんと史上最年長41才1ヶ月でのノーヒットノーランを達成した。
許したランナーはエラーで出した一人だけというからまさに準パーフェクトの完璧な内容。
しかもこの一勝は優勝争いに首の皮一枚で食らいついているタイガースに対し引導を渡す勝利となったことが何より貴重である。

昌投手は学年でいうと僕の1歳下であり、ドラゴンズ投手陣の屋台骨を長年支えてきた超ベテランで、個人的にも思い入れの深い選手である。
同世代の選手が一人また一人と消えていく中にあって今なお第一線、しかもここにきてノーヒッターとなったのだから本当に素晴らしい。

昌投手は入団してまもなくの頃、アメリカに修行に出された経験を持つ。当時はまだ野茂がメジャーで成功する前だったし、当然マイナー所属なので日本人選手がアメリカでやっていくことはそれは大変だったと聞くが、その経験が今の昌投手をつくるきっかけとなったのだろう。

そういえばそのアメリカ修行中は金もなくケンタッキーフライドチキンばっかり食べていたと、帰国後にインタビューで話していたことがあるが、ほんの数時間前に書いた前回の記事と妙にリンクして可笑しい。なんか予言していたみたいだね。

昌投手本当におめでとう!
18:22 | ドラゴンズ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ファーストフードウィーク

今週の昼食は毎日ファーストフード店に出かけた。
というのも、たまたま今週は昼休みに入る時間帯が遅く1時近くになったので、なるべくすぐに食事にありつきたいという願いと、年に1~2回やってくるケンタッキーフライドチキンが無性に食べたくなる日(自分もだよ!って人をよく聞く…)が月曜日に訪れたのをきっかけにハンバーガー、うどん、カレー、牛飯と続けてみた。

山形においてこれらファーストフード店のハシリといえば記憶を辿ればその昔大沼デパート1階に出店したロッテリアあたりだろうか。子供の頃そのロッテリアに行くことが憧れだった。そこで初めてシェークを飲んだときの感動は今も忘れない。あの頃のシェークはアメリカンサイズで今のシェークに比べるとやたら量が多かったような気がする。そして今より固めにつくられてて吸うのが大変だったから完飲するのに時間もかかった。

モスバーガー山形1号店が出来たときは友達と一緒に自転車でわざわざ買いに行った。
ジュースや付け合わせなどを買う余裕はなく、
一個を大事に抱えて持ち帰り霞城公園のお堀近くで皆で食べた。

その後様々な店が山形にも展開するようになったが、マクドナルドや吉野屋はなかなか出店しなかったので、旅行先でわざわざマックを食べに行ったりしてたのも今は遠い思い出。

そしてようやく山形にマクドナルドや吉野屋が出店した頃から、
ファーストフード店にはあまり行かなくなっていた。

で、今週ずっとファーストフード店を回ってみて…
有り余るほどある店の数がいけないのか、
毎日続けたのがいけなかったのか、もう当分いいやって感じ。
あの日の憧れも今は何処に…だね。

来週の昼食もなんかテーマを持ってみようかな…
14:31 | 日々の戯言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

帰ってきたミヤ

今日(もう昨日か)は何と言ってもこの話題だろう。

そう、2004年シーズンにレンタルで途中加入し活躍してくれたミヤこと宮沢克行が帰ってきたのだ。
ミヤといえば精度の高いプレーぶりが思い起こされるが、それ以上にあのキャラが忘れられない。一番思い出深いのは試合終了後歓喜のサポーターの前でブルイズを梅ちゃんと踊ってくれたこと。

そして何よりも嬉しいのは完全移籍であるということ。
思えば2004年シーズン終了後、ミヤに「来年もモンテに残ってくださいね」と声をかけたとき、「僕もそうなることを望んでるんですけど…」と言ってくれた場面がふと思い浮かんだ。

第4クール全勝に向けて頼むぞミヤ!
01:33 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

vs仙台 どうしても言っておきたいこと

今期は全試合に何らかのコメントを出していたのだが、
この3週間にあった試合、vs水戸、vs仙台(!)、vs札幌については前述のとおり何も書いていないし、今更試合の経過やら書いても仕方が無いので割愛するが、
でもやっぱりねぇ…
仙台戦だけはひとこと言いたい(書いておきたい)んだよね。

勝った~! バンザーイ!
   (本ブログ始まってから初めて色つき大文字で表現してみました)

…あぁリアルタイムで更新したかったよ。


で、本当は仙台戦でもうひとつ言っておきたいことがある。
誰もこの件には触れていない(いるかも知れないが自分が見た限りでは)ようなのであえて。

仙台戦の前に行われたモンテディオ山形ジュニアユース村山vsベガルタ仙台ジュニアユースの試合のことである。
これはJリーグ・アカデミーU13北海道・東北・北信越2006の一環として行われている。
周りはみちのくダービーの前哨戦などと煽っていたわけだが、正直言って仙台の選手と山形の選手の現時点での力の差は歴然としており、当の子供達にとっては非常に辛い試合となってしまった。

内容・結果ともに完敗の試合だった。
驚いたのがその彼らのプレーに対するヤジの多さでありその酷さである。
13才以下といえばまだ中学一年生、ついこの間まで小学生である。
しかも彼らはプロとして、職業としてサッカーをやっているわけではなく、いうなれば月謝を払ってサッカーを学んでいる段階。
これが別のクラブや中学校であれば良かったのだろうが、モンテディオという冠をつけた彼らがベガルタのユニを着ている相手とダービーの前に試合をするというシチュエーションだったことがサポの気持ちをトップチームとダブらせてしまい、冷静に子供達のプレーを楽しむことを忘れさせてしまったのだろう。

自分の知っている子供も試合に出ていたからなおのこと気になったのかも知れないが、それにしても酷いヤジだった。
ちょっとネット上では掲載できないような辛辣な言葉もあった。
しかも自分がいたゴール裏だけではなく、メインスタンドからもバックスタンドからも飛び交っていたそうである。四方八方から彼らに向けられた罵声…よく聞こえるんだよ。
さらにプレーしていた子供達ばかりが辛かったのではない。後で聞くところによると、その知っている子供の友達が観に来ていたが、途中から耳をふさいでいたらしい…

重ねて言う。
プロはヤジられても罵声を浴びせられてもある意味仕方ない。
でも、彼ら(子供達)はサッカーを学んでいる途中なんだ。
01:33 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

久々過ぎる更新にあたって

約3週間も更新をサボタージュしてたわけだが、
この間当然のことだがいろいろと出来事があった。

モンテの試合も3試合、しかもベガルタ戦を挟んでいたので
これはとにかく一大イベントになるはずだったが、
個人的にはそれ以上に心を揺さぶられた出来事もあり、
さらには一時的に受験学生に戻るという体験が立て続けにあったりと
もう何がなんだかわからないくらいに慌ただしく過ごしてた。

♪フッと気づけばみんなこの街に飲み込まれたプリテンダー
どんな答えが見つかるのか
どんな答えが待ってるのか♪ …ってな気分。
00:38 | 日々の戯言 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。