スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

後援会員募集に関する一考察 その2

ついでに例のサポーター懇話会で約束したホームページ上からの後援会入会手続きのことについて…

Jリーグ31クラブの後援会(又はそれに類似するもの)のウェブ上からの加入方法の可否を調べてみた。
その結果、ウェブからは申込加入できないとしているクラブは現時点でのモンテを含め17クラブで、申込案内書及び払込用紙を取り寄せするだけに留まっている。ただし、一部のクラブは申込書がpdfファイル等でダウンロードでき、これを郵送するかまたはFAX送信で申込が可能となっていた。また一部ではウェブ上に必要事項を入力し送信すると後日払込用紙が届き、モンテのようにあえて申込書を糊付けして送らなくてもいいところもいくつかあった。ちなみにここには浦和・鹿島・横浜FM・磐田・東京・新潟といった観客動員の多いクラブが含まれていて、こうしたところは受動的でいいのか、そんなにあくせくする必要も無いということか。

次にウェブ上からの加入申込が可能なクラブは8クラブであった。そしてその多くはショッピング専用サイトを利用している様子。ちなみにここには甲府・G大阪・C大阪・札幌・鳥栖(シーチケ会員のみ)・広島といったところが含まれていた。う…ん、なんとなく頷けるな。

上記に属さない(とした)ところでは、仙台と福岡はウェブ上からは出来ないが、ロッピー端末からは可能。なお、福岡はファンクラブとソシオ(後援会)に分かれていて前者がロッピーから可能、後者は資料請求のみ。
大分もファンクラブと後援会の二つあって、前者が申込不可、後者がウェブ上から可となっている。
神戸はモバイル会員のみの募集で後援会費は無料であったため上記以外とした。ケータイに来場ごとにポイントを付与し、たまるとプレゼントが貰えたり、人気チケットの優先販売など、このへんは楽天ならではって感じ。無料の良さを生かしたなかなか上手いやり方だと思う。
愛媛も神戸と少し似ているが、無料のサポーター登録っていうのが出来るようになってる。でもまぁこれは言ってしまえばメルマガ会員みたいなもの。

…と、これで30クラブ。あ、もう1クラブ足りないと思ったら、湘南は、ただいま準備中とのことでした(大丈夫か、おい)

それにしても、各クラブの後援会の特典見て感じたのだが、他サポなのに入会したくなっちゃうほど様々な趣向を凝らして考えられているね。
かなり勉強になりました。

それと、せっかくだから僕からの提案をひとつ。
今シーズンはニコスカード申込だけではなく、一般会員についてもベスパ内で入会出来ないかな。横浜FC戦や東京V戦などの一見客が多い試合だけでも設置するとかね。そしてできればその場で支払いまでも済ませられるようにしたい。勝ち試合や面白い試合を観れば一見客はその勢いで加入するケースって結構あると思うんだ。よくコンサート会場などでもファンクラブ申込受付やってるでしょ。アレと同じ。それから、できれば後援会に加入したいが一連の手続きが面倒だ、ネットもよう使わん、でもモンテは気になるし気がつけば年間何試合か観てるといった輩は案外といるもので、会場での手続きですべて完結するのであれば、じゃ一口入っとこうかとなる。

話が長くなったが最後に…
実はこの後援会加入申込をホームページ上からできるようにしてほしいとの願いは、個人としても何年も前から協会あてにメールしたり、関係者に提案したりしてた。
そして今回、サポーター諸氏の尽力で協会側からYESを貰い安堵してたのだが、シーズンまであと1ヶ月少しなのにいまだに音沙汰無し。
いや、要は気持ちひとつだと思うんだけど…
スポンサーサイト
21:47 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑

後援会員募集に関する一考察

本日ついにしびれを切らして協会に後援会継続申込書未達の連絡をした。他BlogやBBSなどでも話題になっているので、たぶん自分だけではないだろうとは思っていたが、間もなく2月だし、さすがにどうしたんだろうと。
で、回答は「申し込み用紙の件に関しましてはたいへんご迷惑をおかけしております。再度申し込み用紙の方をお送りいたします。それでもなお届かない場合お手数ですがお電話いただけたらと思います。」というものであった。
これはもう相当な手違いがあったのだろうと推測される。案内が届いていない人があれほど居て話題になっているのだから、うちに送付されていないのはほぼ間違いないだろう。なのに「再度送る」などという言葉を使ったところをみると、きっと申込案内を送付したリストを紛失したとか、おそらく誰に送付してるのか把握しきれない状態なのだろう。
今年から始めたこのBlogでは、できるだけ協会批判のようなことは慎みたいと思ってたし、昨年のサポーターとの懇談会以後の協会の仕事を見守りながら、評価できる部分はきちんと評価していこうと思ってた。実際選手強化と広報に関しては積極的に取り組んでいると思っている。
しかしだ。営業に関しては何も変わらないばかりか、後援会員募集しかりシーズンチケット販売方法しかりで逆に益々退化しているではないか。その根幹にある理由は多少存じてはいるが、ここではあえて触れない。
とにかくいい選手を獲得するにも広くモンテを広報宣伝するにも、先立つものは資金である。その収入源の基幹をなす後援会会費収入を上げる努力を怠っているのだからこれは始末が悪い。
協会は早くこのことについてのお詫びをもって、至急の対応策を講じた方がいいと思う。
19:57 | モンテディオ山形 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。