スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

我が心のドラゴンズ

たまにはモンテ以外のスポーツネタでもと…

僕は昔からの中日ドラゴンズファンである。
でも山形の地でドラゴンズの情報を得るのはこれがなかなか大変だった。
まぁ今はスカパー!もあるし、インターネットもあるしでだいぶリアルタイムに得ることができるようにはなったけど、以前はスポーツ新聞と東海ラジオガッツナイター(かすかに受信可能)が頼りみたいなとこあったな。
スカパー!はドラの試合を観たいが為だけにすぐに加入したし、ネットでの応援サイトを立ち上げたのも1997年と比較的早期だったし、思えばドラゴンズのおかげでニューツールに食いつくのが早かった。
でも、職場やら友人やら、いわゆる近くにこのチームを応援する輩が誰もいないってのがどうにも孤独感に苛まれちゃうんだよね。いないどころか敵国扱いに近いかな。
なんか悪いことでもしてるかのような…
だってね、山形じゃ飲み会の帰りにタクシー乗って運転手さんに「今夜の野球どうだった?」なんて聞いても、「今日は負けたよ~」と返ってくる。「お客さんはどこのファン?」とか決して返ってこない。山形での野球といえば読売以外認められていなかったのである。(あ、「いなかった」って書いたのは、最近じゃ阪神や東北楽天の勢力もだいぶ増えてきたみたいなので一応。)

それにしても今年のドラゴンズは相変わらずスポーツ新聞の一面を飾るようなネタがないなぁ。どうも落合監督になってから(意外に)名より実を取るっていうか地味になったね。その昔星野第一次政権発足のときなんかそれは華やかだった。星野監督に加えロッテから世紀のトレードで獲得した落合、そしてドラフト1位スーパールーキー近藤真一と、彼らの一挙手一投足が毎日マスコミを賑わしてたし、ドジャース風のユニに変わったのもあの年だったし、とにかく星野さんって人はプロデュース能力があったよな。おかげで遠方にも情報がどんどん入ってきたからファン層の拡大にも繋がったのではないかな。
職業スポーツは強いかどうかってことも重要だけど、まずは客がいなけりゃ成り立たないわけだから、そういった意味でも話題性っていうのは重要だね。

さて、本日のドラゴンズネタはというと、「福留・川上の契約交渉難航、球団側強硬を貫く」って…相変わらず暗いな。
ひとこと言わせてもらうけど、岩瀬(契約更改済)もそうだったが、福留にしろ川上にしろ提示された額は他球団の同成績の選手と比べても低すぎるんでない?川上なんて一年間フルに働いて2000万円減ってちょっと信じられない。確かに球団経営が芳しくない事情はわかる。でもスター選手にはそれに見合った額をお願いしますよ。
だって彼らがドラゴンズの広告塔となって、成績だけでは推し量れないものを提供してくれてるんじゃないの。


スポンサーサイト
13:25 | ドラゴンズ | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。